渡したいもの

夜の後ろ盾のない昼の花火の様に あっけない結末が訪れた時

隣にいる人は 空を見上げてくれるだろうか “渡したいもの” の続きを読む