あのブログをもう一度

59年5か月と14日

今日は月1の墓参り

父が生きた月日 59.5.14

父が前立腺癌でゴールしてしまった日を、やたら意識し始めている自分がいる

きっと生まれてきて聖火台に火を灯した日から
こんなに早くゴールを迎えるなんて、想像もつかなかったでしょう

スポーツみたいに早けりゃいいってもんじゃない

4月1日エイプリルフールは父の誕生日

「お前の病気は(うっそぴょん)」なんて言ってくれればいいのだけれど

激動の1950年代から企業戦士として戦い続け、あと1年で銀行も定年という時に
悔しかったろう

旅行もしたかったろう 庭もいじりたかったろう
ラブラブの母とずっと一緒にいたかったろう 

まだまだ何日も何時間も走り続けたかったに違いない

そしてお前らは長生きしろ と伝えたかったに違いない

俺も、もっともっと毎日を大切に たくさんの夢を見て追いかけてみたい

足を痛めようが、体が完璧でなくても走り続けたい

父の背中が見えてきた   

追い越そう!

墓の前で自分の消えそうで消えない聖火の火を 線香に灯し花とともに捧げてきました

そしてもう一つ 心の中の感謝の金メダルを

あの日、父が走り抜けゴールしテープを切った瞬間
競技場の場内アナウンスが聞こえてきたような気がします

「ただいまの記録 59年5ヶ月と14日15時間17分」

brown and white track field
こんなところはゴールじゃない

コメントを残す